ビッグ・エス

あなたの健康づくりをサポートします。

  • HOME
  • はじめてのビッグ・エス
  • プログラム
  • ジュニアスクール
  • 健康サポート
  • 店舗開

ビッグ・エストップ > 健康サポート > 地域支援事業 介護予防プログラム

スポーツクラブがお届けするいくつになってもわくわくできる地域づくり

コンセプト


健康寿命

健康の場

健康習慣

介護予防について

要支援・要介護の原因

要支援・要介護の原因

認知症の原因

加齢に伴う身体機能の低下・認知症の予防には日々の生活習慣・食習慣を健全に保つことが大切です

元気なうちから始める介護予防


例えばこんな事で困っていませんか

ご自宅で簡単セルフチェック
  • セルフチェック
  • セルフチェック

介護予防プログラムの一例

  • 運動プログラムは、基本的に週1回、3ヶ月間で実施します。
    ※1回だけのイベント開催など、自治体様・事業主様のご要望にお応えいたします。
  • 実施場所は、弊社スポーツクラブのほか集会所や保健センターなどへの出張も対応いたします。

3ヶ月

初回測定 運動プログラム 各種測定
評価指標の設定、個人に合わせた
運動指標の策定に役立てます。
・姿勢測定
・握力(筋力)
・歩行速度(歩行能力)
・TUG(複合的動作能力)
・開眼片足立ち(バランス能力)
①バイタルチェック
②ウォーミングアップ
③主運動1
④主運動2
⑤クールダウン
⑥バイタルチェック
※運動の習慣化を目指しご家庭で
出来る軽運動も合わせてご紹介。
初回時測定データから、
身体・各能力の変化をチェック。

運動プログラム例

姿勢プラス

姿勢プラスは、余分な緊張を開放し、カラダが本来持っている力“自然治癒力”を引き出しバランスよく姿勢を整えていく運動です。
国際姿勢協会 姿勢プラスに関して詳しくはコチラ

姿勢プラス姿勢プラス

昔遊びサーキット

お手玉やけん玉といった昔懐かしい遊びを取り入れたサーキットトレーニングです。
バランス能力向上や調整力向上、さらには認知機能向上が望めます。

昔遊びサーキット昔遊びサーキット
昔遊びサーキット(お手玉)昔遊びサーキット(けん玉)
※クリックで拡大してご覧いただけます。

マシントレーニング

筋力トレーニングはもとより特徴的な運動プログラムの提供で総合的な運動機能向上が 望めます。

マシーントレーニングマシントレーニング

ゴム体操

ゴムひもを活用した筋力トレーニングです。
姿勢保持筋(抗重力筋)を中心に運動し正しい姿勢を身につけます。 歩行能力の向上やADLレベルアップにも役立ちます。

ゴム体操ゴム体操

各種イベント・セミナー

スポーツクラブで開催する各種イベント・セミナーにご参加いただけます。
・栄養改善セミナー ・吹き矢イベント ・ハイキングイベントなど

各種イベント・セミナー各種イベント・セミナー

エビデンス

被験者A(腰部脊椎狭窄症)

before after
一本杖歩行 上体の前傾傾向も見られ、踵からの接地ができておらず、身体を前方へ押し出す事が上手く行えていない為、身体の左右への動揺もみられる。 独歩にて歩行可能となり、円背傾向も改善。身体を前方へ上手く押し出す事ができるようになっており、踵からの接地もできている。こられにより、身体の左右への動揺も軽減し、以前は、近隣の公園を歩行器にて100m程で休憩しながら散歩していたが、1周独歩にて歩けるようになっている。

被験者B(右視床出血)

before after
独歩も可能であるが、円背傾向が強く、両下肢ともに足の振り上げが少なく、足の引っ掛かりがみられることがあり、転倒傾向がみられる。 独歩にて、両下肢ともに足の振り上げが大きくなり、両下肢ともに片脚立位時におけるバランスのとり方も上手くなり、転倒傾向も軽減されている。

東海事業所二次予防運動教室の体力測定結果および満足度調査より

指導期間 週1回×3ヶ月間
指導内容 上記運動プログラムを通じて、跨ぎ動作、物拾い動作など日常生活動作の改善運動や腰痛・膝痛予防のための姿勢指導および実践。
ゴムひもによる筋力トレーニングはホームエクササイズとしても行っていただいた。
対象 65歳以上の男女 44名(平均年齢 71.2歳)
男性25名 平均身長=164.0㎝ 平均BMI=23.7
女性19名 平均身長=148.7㎝ 平均BMI=24.5

測定結果

体力測定 参加者については、すべての測定項目において、下記のような改善があり、統計的にも有意性が確認された。
【改善度平均値】
握力 1.33㎏アップ
片足開眼立ち 6.09秒アップ
TUG 1.78秒短縮
5m歩行 0.23秒短縮(0.5km/時の増加)
姿勢測定 股関節周りおよび下肢を中心とした筋・関節コンディション改善により、眉間・喉元・へそ上前腸骨棘・膝・上後腸骨棘・耳穴・上腕骨大結節など中心方向へ移動している。
筋力増加と合わせて、これらも日常生活動作の改善や疾痛改善に寄与している。
測定結果

アンケート結果

参加者に対する満足度調査では、「参加されてどうでしたか?」の問いに対し
89%の方が「とても良かった」と評価し、良かった理由として
62%の方が「元気になった」と心身の状態が好転したとし、
96%の方が「また参加したい」と運動習慣の定着を示している。
また、93%の方が体調変化を感じておられ、内容として
「腰痛改善15%」「膝痛改善15%」「動作が楽41%」と総合的には、
70%以上の方が運動機能の改善を体感された事を示す結果が得られた。

アンケート結果

介護予防に関するお問合せ

ページトップへ