姿勢&スポーツクラブ ビッグ・エス清水

  • HOME
  • 施設の紹介
  • ジュニアスクール
  • 料金・入会案内
  • 店舗情報・アクセス

ビッグ・エス清水 > アニメーターブログ

アニメーターブログ

お腹引締めエクササイズ

2016年09月18日

皆さん、こんにちは。

ビッグ・エス清水 アニメーターの小林です。


腹筋やってるんだけど、お腹引き締まらないんだよね?割れてこないんだよね?効いているかわからないんだよね?
というお声を聴くことがあります。



そこで今回はビッグ・エス清水ブログをご覧の皆さんにお腹引締めエクササイズの3つご案内を致します。

まず効果をしっかり出す為に3つのエクササイズで共通して言えるのが、
どこの筋肉がどう動いているかを知る事です。
そして使われる筋肉をしっかり意識する事が重要です!
ですが、まずこの意識が難しい!!!

これからその意識するポイントを写真と共にご案内致します。

まず今回ご案内のエクササイズはお腹の真ん中(腹直筋)とわき腹(腹斜筋)を鍛えていきます。
腹直筋はみぞおちから骨盤にかけて付いています。なのでみぞおちと骨盤を近づけるとしっかり効いてきます。
腹斜筋はろっ骨の横から骨盤の横にかけて付いています。
まずは筋肉のつき方をイメージして頂くとより効果的です!!



・シットアップ(腹直筋)
腹筋台で足をしっかりかけ、みぞおちから丸めるように肩甲骨、背骨を丸めましょう!

腰までは浮かさず、みぞおちからおへその下まで腹筋がしっかり縮まるのを意識しましょう!

足はあくまで補助として使って下さい。

写真以上あげると腹筋ではなく足に効いてしまいます。

ご家庭では足をベットやソファーにかけたり、足首を持ってもらい行いましょう。



・クランチ(腹直筋)
足を上げて腹筋を行います。シットアップと同様に腹筋のみを使い、みぞおちから丸めるように肩甲骨、背骨を

しっかり丸めて下さい!腰を床、マットに押し付けるように行うと腹筋を意識しやすくなります。

ご家庭でも簡単に出来る腹筋です。



・ダンベルサイドベント(腹斜筋)

わき腹を鍛えるトレーニングです。

下半身を安定させ、腰が動いてしまうと足などに効いてしまいますので注意し、

ろっ骨と骨盤が近付きわき腹をしっかりと縮まるのを意識しましょう!

ご家庭ではペットボトルを使ったりして見てください。


次のお知らせを読む >

ページトップに戻る

  • FACEBOOK

  • 入会シュミレーション
  • 見学・体験のご案内
  • お問い合わせ